犯罪に巻き込まれるリスクも

ネットは全世界のあらゆる情報を瞬時に仕入れることができる事から今の時代には欠かせないツールになっています。 しかし便利である一方危険性もあるのです。ネットにより犯罪に巻き込まれることもあります。 まずよくあるのがウィルスが原因のものです。 ある特定のサイトを訪問したときに自分でも知らない間にウイルスに感染してしまうこともあります。 そして完全にパソコンを乗っ取られて犯罪予告などをされてしまうのです。 そうしますとサイバー警察により身元の特定をされてしまうのですが、もちろんパソコンの持ち主は何も知らないのにも関わらず逮捕されてしまいます。 自分では知らないうちに犯罪に加担してしまうことになるのです。 その他にも非常に多いのがワンクリック詐欺です。 ネットに非常に蔓延しているのですが、ある無料のサイトに登録をしますと法外な料金を請求されてしまうというものになります。 実際にはこの手の詐欺の場合は料金を支払う必要がないのですが、中には裁判を起こされることを恐れて支払ってしまうことも少なくありません。 そして非常に怖いのがネットを通じての出会いです。 出会い系サイトなどで知り合った人と実際に会い、強盗や殺人などに巻き込まれてしまうこともあるのです。ネットではいくらでも自分のことを偽ることができますのでいくら長い間ネットでの交流があっても関わるのは非常に危険性があります。 このような事があることから子供がネットを使うことについては反対の意見も多いのです。 またこのような犯罪を未然に防ぐために子供が使うパソコンにはフィルター機能をかけることもあります。 こうすることによって子供が危険性の高いサイトにアクセスできないようにするのです。 もちろんこれらに気を付ければ、ネットはただただ便利なだけの存在になります。 怪しいサイトには訪問しない、知らない人を信頼しないなど自分なりのルールを守った上で利用するようにしてください。

更新情報・お知らせ