昔を考えるべきときなのかね

2014.06.27

現在ではネットの危険性が取り沙汰されていますが、ほんとうに危険なものなのでしょうか。 確かにカードの番号などを盗まれてしまうと、勝手に使用されてしまい多額の請求が来るなどの危険はあります。 しかし、個人情報が漏れることによってどれだけの危険があるのかと言えば、実際のところそれほどの危険がないものです。 近年では個人情報の保護が叫ばれることにより、過剰に個人情報は伏せられていますが、ネットが普及する前のほんの十何年か前というのはそこら中に個人情報が氾濫していました。 雑誌などの文通欄や物品交換の呼びかけなどには、平気で本名と住所が記載されていたものです。 しかし、そのような時代に個人情報が漏れたことによって、被害があったという話は聞きません。 時代が変わったといえ現在の状況というのは、昔に比べて少し行き過ぎているという点もあります。 それでも、どのようなトラブルが起こるかわからない以上、ネット上で余計な情報は流出させないことが安全です。